皮膚処理プロセス

本物の手で染色された植物性の日焼けした革で作業することは完全な中毒です。しなやかな肌は甘い香りがし、カットやサンドがしやすく、丈夫でしなやかで、有毒物質や有害物質を一切含んでいません。私たちは、伝統を守り、環境への影響を最小限に抑えるために生産を厳密に監視しているトスカーナの家族の皮なめし工場から手作業で染色された革のみを調達しています。生の皮は、水分含有量の高いアメリカとヨーロッパの小さな肉と酪農場から来ています-これは、手染みプロセスがしなやかな革でのみ機能するためです。より乾燥した、よりもろい革は植物性タンニンも吸収せず、手作業で染色する価値はありません。以下の皮なめし工場では、ヴェッキオブラウン、オリーブ(ハニー)ブラウン、トスカーナレッド、ネイビーブルー、グリーン、ブラックのレザーを製造しています。この第4世代の皮なめし工場は、50年代からトスカーナの丘でドラムを転がしています。ビームハウス革のなめしの主な段階は、大きな木製のドラム缶で数日間にわたって行われ、生の塩漬けの皮が水和され、洗浄され、スカイバーで分割されて、手で染色して塗装できる裸の革の皮が作られます。ブランクキャンバスハンドステインプロセスを開始する前に、裸の革の皮を大きなドラムタンブラーに入れて肌を柔らかくし、植物性タンニンが穀物の奥深くまで吸収されるようにします。柔らかくなったスキンは空白のキャンバスになります。ステインルームステインルームは、空白のキャンバスが傑作になる場所です。植物性タンニンは秘密の成分と混合されて、皮膚の奥深くまで浸透するために使用される無毒の塗料を作成します。職人はセクションで作業し、特別な綿のスポンジを使用して各肌を注意深く手で染色します。円形の動きを使用して、職人は花のパターンを穀物にペイントします-これはフィオーレです。訓練された目は、フィオーレのために完成した肌の粒を深く見ます-それは本物の職人技のスタンプです。乾燥ラック革の皮は、特別に設計されたコンベヤーハンガーに掛けて乾燥させます。トスカーナの革製バッグを使用できます。スプレー機48〜72時間の乾燥期間の後、手で染色した皮をスプレー機に通して、さらに着色します。スプレー機は皮なめし工場の長さを動かします-その半分は乾燥機です。噴霧器の機械の終わりに、革の皮は乾燥機セクションを出て、より多くの仕上げのために注意深く積み重ねられます。レザースタッキングレザースタッカーは、革を素早く振ることで肌を柔らかくし、毛羽立たせる機械です。これにより、最終的なアイロンがけ段階の革が準備されます。マットまたはセミグロス?人生では、フェラーリ、または巨大な工業用鉄ローラーを購入することができます。これらの人はローラーに行きました、そしてそれが私たちが彼らを使う理由です。このローラーは革にアイロンをかけて光沢を与えます。熱を加えるほど、革は光沢が増します。たとえば、マット仕上げのローマとサドルブラウンの革は、ヴェッキオブラウンやネイビーブルーのような半光沢の色に比べて低温でアイロンがけされています。素敵な革のバッグ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: